導入レポート

株式会社 山全

株式会社 山全


  • 副社長
    光瀧 敬二 氏

  • 工務部班長
    藤田 将明 氏

  • 工務
    﨑川 淳子 氏

  • ドローン操縦士・デザイナー・営業
    西條 理江 氏
創業 1977年5月
資本金 5,000万円
代表者 代表取締役 牛尾 正治
所在地 徳島県三好市

若者と女性の力をフルに生かしながら
どこよりも早いICT施工の確立を目指す

徳島県三好市の山全は、各種土木建設工事を幅広く展開し、特に地滑り防止など特殊工事を得意としています。新技術の導入にも積極的でICT施工にもいち早く着手。ドローンによる3次元測量を開始すると共に、UAVパイロット育成を進めています。

ドローン担当の女性パイロットを育成

地場のゼネコンとして御社の特徴は?

光瀧氏

より良い物をより早くをモットーに、当社は直営施工にこだわっています。また、時代の流れを捉えて敏感に対応するのも特徴の1つでしょう。今回の福井コンピュータ製品の導入によるi-Construction対応もそんな姿勢の現われです。

i-Construction対応のきっかけは?

藤田氏

2015年秋の国交省直轄工事の現場がきっかけです。これは国交省による吉野川の堤防工事の一部なんですが、私たちはここで「何か新技術を試したい」という思いがあったのです。そこで社内で話し合い、3次元測量と3次元データの活用に行き着きました。i-Constructionの発表前でしたが、業界が3次元化やCIM、ICT建機の活用に向かうと予測していたんです。

それ以前の情報化施工等の取組みは?

藤田氏

土工事における転圧管理システムを用いた出来形管理等は、もう10年ほど前から取組んでいます。この時もそうでしたが、周辺の同業者が何処もやらないうちに一番にやろうという考え方なんです。今回の点群処理も、昨年秋頃は「まだまだずっと先だろう」という声も多かったのですが、だからこそやろうと(笑)

どのソフトを導入しましたか?

藤田氏

「まずは3次元測量を」と試したかったので、TREND-POINTにEX-TREND武蔵、TREND-COREなどを導入しました。初挑戦だったのでとりあえずドローンの操縦と撮影は専門家に依頼し、通常通りの測量も行い出来形を取って、両者の結果を比較するなどしました。結果はそれほど差はなく、素直に凄いと思いました。規模にもよりますが、1日で測量が終らないような大きな現場もドローンを飛ばし TREND-POINTで処理すれば、あっという間に完了。従来の7割程度に時間短縮できそうですね。

これと並行して社内でもパイロットを育成したとか?

光瀧氏

ええ、ウチの社員が飛ばせるようにならなければ、ノウハウも蓄積できません。それにこうした新しい機器やシステムを任せるには、パソコンを使い慣れた若いパワーにこそ期待したいので、今回はドローンのパイロットも福井コンピュータ製品のオペレーションも、女性スタッフに担当させることにしました。周囲には驚かれますが、これも時代の流れの1つです。

西條さんはUAVを飛ばした経験は?

西條氏

ラジコンに触ったこと自体、これが初めてです。高価な機体だし最初はこわごわ飛ばしていましたが、1カ月ほどで思うように操れるようになりました。3カ月経った今では飛行時間も10時間を超え、国交省の基準を満たしましたし、飛ばすこと自体が楽しくなってきています。練習は会社の屋上でもできますが、UAS多用推進技術会というドローン活用の会に入り合同練習等にも参加しています。

施工現場でも飛ばしているんですか?

西條氏

4~5現場で飛ばしました。現状ではまだ工事写真の撮影が中心なので、もっと測量の勉強をして、早く写真測量のための撮影にも挑戦したいですね。

最新の施工状況を「見える化」し全員で共有する

TREND-POINTを任された﨑川さんはCADオペレータ出身とか?

﨑川氏

CADについては25年ほど経験がありますが、2次元CADによる図面作成が中心でした。だから本格的な土木の3Dは今回が始めて。実は以前、他社の建築系3DCADを使った時に大変な思いをしたので、TREND-POINTを任された時は不安でした。でも、TREND-POINTの点群処理はやってみると簡単で、思ったよりぜんぜん楽ですね。土木については詳しくありませんが、3D化するとすごく分かりやすいし、EX-TREND武蔵やTREND-COREも早くフル活用していきたいと思っています。

i-Construction展開の今後の計画は?

光瀧氏

間もなく始まる新しい現場で、ドローンとレーザースキャナの両方を使い、両者の点群データを比較する予定です。そして、今度はそこから図面化まで行って数量を算出しようと考えています。土量が5万立米クラスの大きな現場なので、点群処理した方が効率が良いでしょう。i-Constructionはまだ始まったばかりですが、着実に進めていきたいですね。

※2016年発行のCONST-MAGで掲載したものです。役職などは、取材当時のものです。

導入製品

3D点群処理システム
TREND-POINT

3Dレーザースキャナー等で取得した億点を超える点群をストレスなく高速に取り扱うことができ、高機能なフィルター(ごみ取り機能)やTIN作成が可能な点群処理システムです。

CIM コミュニケーションシステム
TREND-CORE

土木施工業向けの国産CIMシステム。道路や法面など土木施工専用コマンドを標準装備し、属性や情報を付加することで3D-CIMモデル構築が可能です。これにより、2Dデータでは分かりづらい施工前のシミュレーションを3Dで確認できると共に、モデルに付加された属性情報を一元管理し、維持管理フェーズにおいて施工DBとしても活用が可能です。

土木施工管理システム
EX-TREND 武蔵

工事に必要な測量計算、CAD、出来形・写真・品質管理、電子納品などをパッケージした土木施工業向けオールインワンシステム。特に測量計算と連動したCADは秀逸で、使いやすさと高機能を両立し、全国のユーザ様より大変好評をいただいています。また、本シリーズの電子納品関連プログラムは、全国約半数の都道府県が採用するなど、圧倒的な信頼を得ています。

測量計算CADシステム
BLUETREND XA

全国の測量業、土地家屋調査士業においてNo.1のシェアを誇る測量計算CADシステム「BLUETREND」シリーズの最新版。豊富な測量計算機能と、それに連動したCADで、あらゆる測量業務に対応できます。電子納品の負担を軽減するためのエラー修正機能なども実装。宅地開発支援から登記申請図面などにも対応しています。

ページトップ