CAD 作図機能とファイル互換

抜群の操作性と作業の省力化を両立

測量独自のレイヤ名「S-SUV」対応

測量成果電子納品要領(案)H20年12月版より規定された測量レイヤ名「S-SUV」や、CAD製図基準(案)で規定されている全34工種のレイヤ名もテンプレート化して用意しています。テンプレートを読み込むだけで、そのまま各適用基準/要領(案)に準拠した図面が作成が可能。発注者独自のレイヤにも対応できます。

法面自動作成

要素の標高値データから法面を自動作成することができます。

レイヤ名日本語表示

CAD製図基準(案)で設定されている英語表記のレイヤ名と同時に、分かりやすく日本語表示もできます。レイヤごとに規定されている色や線種などを自動的にセットします。

レイヤなどの合成・移動

プレビューを確認しながらレイヤの変更や合成、移動などができます。一度作業した変更情報を書込み・読込みすることで他ページ・他図面にも簡単に適用でき、ペンNoや縮尺変更も可能です。

寸法値自動計算

寸法値を指定してマウスで移動するだけで、寸法線だけでなくその寸法値も自動的に変更されます。

描画レイヤや文字サイズなどの個別指定が不要

作成目的に応じた属性パターンが登録できます。パターン選択すれば目的のレイヤや線種、文字などが一括指定で作業できます。

レベル編集

一度配置した図面のレイアウトも形状を確認しながら移動・回転できます。座標系も連動しているため、移動回転後、CAD上から座標値も取得できます。

車両軌跡図

車両のタイプや車両の長さを指定して、車両走行軌跡図を作図できます。

路面標示や特殊線も自在

センターラインは始終点、横断歩道や安全地帯は輪郭の位置を指定するだけで簡単に路面標示記号が作図できます。特殊線も自由自在で平面図作成に重宝します。

求積表の自動配置

測量図作成時の求積表配置の際、シフトキーとの併用で一気に配置できます。その際、配置済みのCAD要素には影響しないようにソフトが自動で判別します。

AutoCADとの高性能な互換性

AutoCADファイル読込み時に範囲指定読込みや元ファイルの縮尺計測などができ、受発注者間・関連企業とのCADデータのやりとりに高い再現性を実現しています。

ページ間で簡単複写

縮尺を考慮してページをまたいでCAD要素を複写することが可能です。部分図の合成などもコピー&貼り付けの感覚でできます。

CADのページの移動、複写がEXCELのような操作で簡単にできます。

横断図から土量集計

切土・盛土などの数量を範囲指定で一発集計。塗潰しや断面数量表の自動配置や土量計算結果のExcel出力も可能なので数量を拾う時間を短縮します。土工区分線の自動配置も可能です。

ラスタデータへの対応

CADデータ全体をJPGやTIFFデータとして出力でき、写真管理の参考図などに活用できます。また1ファイルに複数ページが存在する「マルチTIFF」にも対応。ラスタ合成やトリミングなどもCAD上で行うことができ、大量ラスタでも高速でストレスなく処理できます。

導流路(三心円)作図機能

交差点形状に使われる三心円が作図できます。

拡張メタファイル出力

調査素図作成のためのEMFファイル出力ができます。

Shapeファイル入出力

図形情報と属性情報を持った地図 データ・Shapeファイルの読込み・書込みができます。GISソフト標準フォーマットとして、座標と地番、図形情報のやりとりが可能です。

基盤地図情報取込み

国土地理院が提供する基盤地図情報(XML縮尺レベル2500/25000)をCADに読込めます。

基盤地図情報を基にCADで情報をつけてGIS業務での利用や、背景データなど基本地形図としての利用ができます。

Shape属性入出力

変換仕様に基づいた属性変換でShapeファイルの属性情報の入出力ができます。SXF属性を利用した属性やりとりで、CADで付加したSXF属性データをShape属性としてShapeファイルに書込みできます。Shape属性をSXF属性として取込めるためGISソフトとの連携で図面データの利活用が図れます。

導入レポート

株式会社イビソク 様

遠方の現場と事務所をCIMPHONYで結び
高度な効率化とコストダウンを実現する

岐阜県大垣市のイビソクは、高度な計測技術を基盤に建設コンサルや文化財コンサル、補償コンサル等の事業を展開しています。長年のBLUETRENDユーザーでもある文化財部門では、今回新たにCIMPHONYを…

栃木県立宇都宮工業高等学校 様

最先端を行く科学技術高校の挑戦
若者達が切り拓く IT測量の世界

2011年、栃木県立宇都宮工業高等学校は、栃木県が進める「科学技術高校整備基本計画」により、 最先端の設備・機器を備えた科学技術高校として生まれ変わりました。測量分野でも最新のトータルステーションは…

ページトップ