CAD/各種計算(オプション)

3次元設計データ作成オプション

※「建設測量総合システム」に追加可能なオプションプログラムです

設計データ自動解析

平面図・縦断図・横断図から、設計データを自動解析。面倒な数値入力の作業が無くなるため、作業時間を大幅短縮できます。

設計図面と3Dモデルの重ね合わせチェック

EXCELで作成した表をCAD化して取り込みができ、CAD図面上の表や計算書はEXCELに出力可能です。

CAD数値化機能

縮小印刷や拡大印刷はもちろん、必要な部分だけを自由に抜き出して簡単に印刷ができます。

LandXMLデータから設計データ作成

設計図面を利用して、実測値を簡単に追加する朱書き機能、車両走行軌跡作図機能などを搭載しています。


ラスタベクタ変換

多彩な機能でラスタデータをCAD化

スキャナで読み取った紙図面(ラスタ)データをCADに配置し、ベクトルデータに変換。図面全体や選択された部分の一括変換や、等高線または閉合した建物などを個別に変換する機能も装備しています。

PDF取込アシスト

PDF図面のCAD化

PDFで作成された図面を利活用したり、数量を拾うためPDFの図面や表などをCADに取り込み可能です。

導入レポート

埼玉県 県土整備部 様

公共事業のIT戦略

公共工事の品確法への対応や国・県・市町村の情報連携を目指す

岡山県 土木部 様

IT戦略で拓く新世紀おかやま

キーワードは日常管理・情報公開

ページトップ