i-Construction

i-Constructionに必要不可欠な3次元設計データの作成に対応

3次元設計データ作成

3次元設計データ作成オプション

設計データ自動解析

平面図・縦断図・横断図から、設計データを自動解析。面倒な数値入力の作業が無くなるため、作業時間を大幅短縮できます。

※登録番号の末尾が「-VE」の技術については、活用効果調査表の作成は不要です。
(フィールド提供型、テーマ設定型(技術公募)により活用した場合は除く)

CAD数値化機能

横断図面から計画の数値をデータ化。図面上の計画線の始点終点指定や任意点指定、自動追尾モードで読み取り可能です。

設計図面と3Dモデルの重ね合わせチェック

平面図と3Dモデルを重ね合わせることで、断面を追加すべき箇所を確認し、断面を挿入することができます。また拡幅・片勾配を考慮した設計データが作成できるため、より精密な3Dモデルの作成が可能です。

舗装一括指定

複数の断面を選択し、一括で舗装の配置が可能。配置する舗装は表層・上層・下層など複数の舗装を選択できます。

3D-MC/MG対応

3D化における法面すり付け形状の不整合調整が可能。正確な3D-MC/MG(3D-マシンコントロール/マシンガイダンス)用の設計データ(LandXMLデータ/3D DXFデータ)作成が行えます。

LandXMLデータから設計データ作成

設計段階で作成した3次元データをLandXMLで取り込むことにより、施工段階での設計データ作成の手間が大幅に削減できます。

設計データがGoogle EarthTMに連携!

3次元設計データをGoogle Earthへ連携させることで、発注者や地元住民へリアルで分かりやすいプレゼンが可能です。

EX-TREND武蔵は各ソリューションと連携し、i-Constructionを強力にサポートします!

i-Constructionスペシャルサイト

調査設計段階から3次元モデルを導入し、施工・維持管理までの一連の業務における生産性や品質向上を目指す“CIM ”(Construction Information Modeling)や、ICT建設技術を統合&進化させた国土交通省の新たな取組み”i-Construction”。
福井コンピュータでは、ICT技術を活用する新時代の建設業を応援していきます。

導入レポート

株式会社 福田組 様

EX-TREND武蔵で
情報化施工への全社対応を加速!

新潟県長岡市は異常豪雨等によりたびたび浸水被害を受け、特に平成23年の新潟・福島豪雨で甚大な被害があったことから、放水路建設を目指す柿川床上浸水対策特別緊急事業が進んでいます。その一環である柿川放水路…

株式会社 早野組 様

じっくり1年かけて「武蔵」を導入!
TS出来形管理から情報化施工を本格化

情報化施工とその先のCIM導入が進む土木業界でも、全国的にみると「本格展開はこれから」という所も数多くあります。早野組は山梨県の建設会社として120年余の歴史を持ち、規模実績ともに地域の…

株式会社宮下組 様

TS出来形初挑戦を舗装工事で!見えてきた「現場」の未来

長野県上田市に本社を置く宮下組は、創業100年余の歴史を持つ老舗建設会社です。同社では、今年「EX-TREND武蔵」の「TS出来形管理」を導入。初めてのTS出来形活用の舞台に舗装工事の現場を選び…

ページトップ