地籍調査・事務支援

法務局データを活用し、E工程(現地調査)/H工程(認証)に必要な
調書や図面成果を作成

地籍調査E/H工程の 事務支援システム

法務局提供の公図を活用

法務局から提供される「地図xml」ファイルを「公図」として利用します。紙公図からの「OCR変換」の利用も可能です。

法務局提供の登記を活用

法務局から提供される「要約書csv」ファイルを「調査前情報」として利用します。「公図」との突合検査も可能です。

E工程立会はペンで操作

E工程の立会作業は、モバイルパソコンを使用して「ペン操作」で杭の配置から筆形状の登録、調査後情報を記録。

調査図の装飾は自動で作図

調査図(素図)における、独特のある装飾「眼鏡、訂正線、Xマーク」は、「調査後データ」を参照して自動作図します。

E工程の作業の流れ

E工程の作業は、「公図と登記」のデータ取込から「素図の作成」、「立会通知」から「現地立会」で調査後データの登録。

事務支援の調書はExcel

事務支援システムで作成できる「E工程事務支援」や「H工程の認証」の調書は、すべてExcelで作成・編集・保存します。

E工程の作業の流れ

導入レポート

南海測量設計株式会社 様

地籍調査の「プロ中のプロ」に選ばれ
共に進化する測量成果作成ツール

南海測量設計株式会社は、地籍調査を主軸に全国に展開する総合建設コンサルタント企業。地籍調査のプロとして全国に知られる同社では、測量成果作成&活用システム「Mercury-Evoluto」を活用…

ページトップ