施工現場を3D化

TREND-CORE

施工現場を3D化

簡易道路モデル作成機能

マウスで指定した変化点の高さを指定して、線形を入力します。地形が入力されていれば、地形高さを参照します。路線SIMAの取り込みや縦断曲線の編集も可能です。また、既に登録された線形データや道路等のデータを参照することで、側溝・ガードレール・法面などの道路に沿ったモデルを1クリックで適切な位置に入力することができます。

発注図を利用したモデリング

発注図を取り込み、下図として3Dモデル作成に利用することができます。横断図も下図として、モデルの入力編集に利用することが可能です。横断図を参照し、形状をマウス指定することで、自動的に線形に沿って道路や側溝、法面などが配置できます。

現況3Dモデルの作成

国土地理院の「基盤地図情報」を取り込み、現況や街並みを容易に再現できます。また、国土地理院の地図データや航空写真、【TREND-POINT】で出力したオルソ画像などを、座標を元に自動で「地形」モデルへマッピング(貼り付け)が可能で、よりリアリティの高い現況モデル作成が可能となります。

写真配置で、現地状況をよりわかりやすく

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した位置情報付き写真を3Dモデルに自動配置。さらに、現場端末システム【X-FIELD】を使えば、図面上で位置を指定して写真撮影できるため、誤差のない正確な撮影箇所に写真を自動配置可能です。3Dモデル上に写真を配置することで、現地状況をよりわかりやすく、的確に伝えることができます。

任意断面での確認機能

簡易断面でモデルをスライスした横断表現を見ながら、現況と法面の摺り合わせを確認・編集できます。埋設物などの位置も確認することができます。

高品質なレンダリング

3Dモデルの高品質なレンダリングイメージ作成が可能です。

導入レポート

株式会社 加賀田組 様

i-Construction現場のエキスパートへ!
技術者全員を着実にスキルアップしていく

新潟市の加賀田組は、創業120年余の歴史を誇る地場ゼネコンの名門。土木、建築に舗道、そして各種開発事業まで幅広く豊富な実績を蓄積しています。2012年、同社土木部門ではEX-TREND武蔵を…

ページトップ