書類管理・検査で活用

TREND-CORE

書類管理・検査で活用

施工段階での情報を一元管理

施工段階で作成された図面・書類・写真といったファイルや、URLをリンク登録できるため、3Dモデルをベースにした工事成果品の一元管理が可能です。情報の検索もスピーディーに行え、検査時の説明もスムーズに行えます。さらに3Dモデルに属性を付加することで、施工DBに蓄積され、MDB形式で出力可能です。Microsoft Officeをはじめとした各種システムでの利用が可能なため、維持管理情報として利用できます。

データ共有クラウドサービス【CIMPHONY】

3Dモデルとの情報共有。クラウドサービス利用でもっと快適にスピーディに。

3Dモデルに登録した図面・書類等のファイルを【CIMPHONY】を利用して関係者間で共有することができ、ファイルの受け渡しもスムーズに行えます。

ページトップ