東京都建設局の電子納品ガイドラインに対応!

電子納品ツール(東京都建設局編)

日本語名でフォルダ・ファイルを管理する“東京都建設局の電子納品”に対応

電子納品ツール(東京都建設局編)は、東京都建設局電子納品運用ガイドライン平成25年4月に準拠した成果品作成を支援するプログラムです。

※EX-TREND武蔵シリーズのいずれかのプログラムをお使いのお客様は、無料でご利用いただけます。
(FCコンシェルジュの[更新プログラム]-[個別ダウンロード]よりダウンロードできます。)

初めての方でも簡単に使える、シンプルでわかりやすいインターフェイス!

特長

  1. ガイドラインに準拠したファイル名に簡単変更!
    「ファイル選択→変換方法指定→適用」の3ステップで、ファイル名の連番追加や文字列追加・変換ができます。
  2. 目次作成が簡単!
    東京都建設局準拠の図面管理ファイル・施工管理資料一覧ファイルを簡単に作成できます。
  3. 簡易チェック機能付き!
    フォルダ名・ファイルサイズ・拡張子の簡易チェックが可能です。
  4. ボタン1つで納品データ作成
    出力は簡単!開始ボタンクリックで成果品が完成し、できたフォルダをCD-Rに焼くだけです。
  5. 保管管理データも簡単作成!
    電子納品データから選定して作成する保管管理データも、設定1つで簡単に作成可能です。

※EX-TREND武蔵シリーズのいずれかのプログラムをお使いのお客様は、無料でご利用いただけます。
(FCコンシェルジュの[更新プログラム]-[個別ダウンロード]よりダウンロードできます。)

電子納品ツール[東京都建設局編]のお問合せはこちら