地籍調査(14条地図)・現地調査

法務局データを活用し、E工程で使用する図面と調書を作成してモバイル機器を使用して調査

現地調査システムの特長

各種公図の取り扱い

紙(画像)や図面ファイル(DWG/PDF)の公図から筆形状と地番情報をデジタル処理して、現地調査(立会)の公図として使用します。

地図XMLの取り扱い

複数の地図XMLファイルをフォルダ指定で一気に読み込みます。公図単位に分割されている場合は、移動/回転で合わせ込みします。

要約書CSVの取り扱い

複数の要約書CSVファイルをフォルダ単位で一気に読み込みます。予め用意した公図の筆属性として共有者・権利情報まで登録します。

GNSS機器との接続

現地調査の際の杭配置では、モバイルPCによるペン配置とは別に、各社GNSS機器を使用した杭配置と現場の位置確認が可能です。

背景地図の表示と活用

現地調査のモバイルPCに展開している公図の背景に、地理院タイルの国土基本図・空間データ基盤の画像や航空写真を展開して調査します。

調査前データを事務支援と連携

【Evoluto】の公図情報と【LandStation-S】の調査前情報は、双方の大字/字/地番の情報で突合検査を行い、連携してE工程作業を行います。

調査図(素図)の記号配置

調査図(素図)の作成では、レイヤ管理された調査前と調査後の筆形状と筆属性を利用して、眼鏡・合筆[×]・訂正線[=]を自動作図します。

公図単位の分解と素図作成

地図XMLファイルのインポートで任意の位置で公図が配置されている場合、公図単位でのレイヤ分解や調査図素図の一括作成が可能です。

調査後データの事務支援と連携

【Evoluto】の現地調査で取得した調査後の異動情報(地目・所有者変更や分合筆)は、【LandStation-S】の調査後[異動事由]として転記されます。。

ページトップ