地籍調査(14条地図)・成果作成

最新の地籍調査記載例に完全対応し、測量データの管理・検査から図面作成までの作業を一連で支援

地籍調査(14条地図)の成果作成システム

現場区分で[地籍調査]

現場作成の際に現場区分を[地籍調査] に設定することにより、地籍調査で使用する精度区分・各種計算条件・調書の様式が自動的に用意されます。

公図と登記の[突合検査]

地図XML の公図と要約書CSV の登記情報との突合検査を行い、双方の大字/ 字/ 地番のリンク情報からデータの過剰及び欠落を検査します。

地区外/不要地の[削除機能]

過剰に提供されている地図XML の公図から、調査区域の内外を指示することにより、調査対象の筆情報を事務支援システムLandStation-S に転送します。

地図XMLの[移動・回転]

地図XML を調査図素図等に使用するため、重複している公図から図枠単位で筆を抽出し、縮尺を考慮しながら2点配置等で配置位置を調整します。

作業規定運用基準の[適合検査]

野帳処理では、工程と精度区分の指定により各制限値がセットされ、観測データの適合検査と訂正を実施。点検路線では、夾角・路線長の適合を検査します。

地籍調査の[記載例対応]

LandMap Evolutoでは、最新の「地籍測量及び地積測定における作業の記録及び成果の記載例」と「地籍調査必携」の様式に対応しています。

ページトップ