施工現場を3D化

TREND-CORE

施工現場を3D化

発注図を利用したモデリング

発注図を取り込み、下図として3Dモデル作成に利用することができます。横断図を参照し、形状をマウス指定することで、自動的に線形に沿って道路や側溝、法面などが配置できます。また、平面図・正面図・側面図を一括配置し、立体的な姿勢のまま構造物モデルの作成が可能です。

点群データを活用した現況3Dモデルの作成

点群データを読み込み、現況3Dモデルとして活用することができます。現況地形のモデリングが不要となるだけでなく、点群データと計画モデルを合成することで、既設構造物や仮設・重機との干渉、施工上の危険ポイントなどが把握でき、施工計画の高度化を支援します。また、点群データをスナップしてのモデル入力や計測も可能で、計測結果に基づいた3Dモデルの構築が、より正確かつ効率的に行えます。

任意断面での確認機能

簡易断面でモデルをスライスした横断表現を見ながら、現況と法面の摺り合わせを確認・編集できます。埋設物などの位置も確認することができます。

高品質なレンダリング

3Dモデルの高品質なレンダリングイメージ作成が可能です。

ページトップ