建設CAD オプション

電子納品への対応から図面の利活用まで専用機能でフルサポート。

切削オーバーレイ

切削オーバーレイとTS出来形の連携

切削オーバーレイの計画データがTS出来形設計データに連携します。(情報化施工のフローを参照ください。)

お手軽に計画シミュレーションを実現

作業中に必要となる構成点や構造物の配置などが自由に設定でき、簡単に計画シミュレーションができます。

座標からの現地盤作成

座標や横断SIMAなどの観測データを読込み現地盤データを作成。中央分離帯や融雪装置などの構造物の入力や、マンホールなどの控除物の設定も行えます。

縦横断同時に簡単設計

縦断・横断データの同時入力が可能なため効率良く作業が行えます。数値入力はプロット図を確認しながら行えるので確実な作業が可能。また直接プロット図での変更も行えます。

見栄えの良い図面と展開図への連動

各層ごとの色分けやCAD製図基準に沿った成果の作成が行えます。成果作成に必要な断面を指定可能。成果表の出力項目や項目順などの変更も自由。また切削オーバーレイで入力したデータを元に舗装展開図を作成。構造物やマンホールなどの控除物も舗装展開図に反映されます。

面積計算

図面から面積計測・計算書作成

CAD図面の任意の点あるいは閉合した領域から、求積表および面積計算帳票を自動作成。詳細な作図設定で現場に合った成果が作成できます。

多様な計算方法

計算の方法は、直角座標法・三斜法・ヘロン法に対応。作成された求積表は各種製図基準にも対応した形で作図されるので、電子納品の成果としても確実な成果ができあがります。

CAD製図基準アシスト

地域独自の基準にも対応

CAD製図基準(案)H20.5版やSXF表示機能及び確認機能要件書(案)H21.3版に対応。また地域独自の製図基準も多数用意しております。

高速・高精度のエラーチェック

作成された図面が製図基準に準拠しているかをチェックし一覧表示。抽出されたエラーを一括修正でき、朱書き機能でエラーの確認も行えます。

 

ラスタベクタ変換

紙図面(発注図等)のCAD化

スキャナで読み取った図面(ラスタ)データをCADに配置し、ベクトルデータに変換。紙図面などの利活用が可能になります。

多彩な変換機能

選択された部分のみをベクトルデータに変換したり、等高線あるいは閉合した建物などを個別に変換するなど多彩な機能を装備しています。

ラスタピック/ラスタスナップ

ラスタデータを利用した作業に最適

スキャナで読み取った図面(ラスタ)データの交点や端点を取得できるため、トレース作業などが容易に行えます。

レイヤ振分けアシスト

基準に準拠したレイヤ振分けを支援

図面の各要素の絞り込みを行い指定レイヤへ振分け。絞り込み時の条件を保持し、同様の条件で書かれた図面であれば自動振分けも可能です。


PDF取込アシスト

PDF(発注図等)のCAD化

PDFで作成された発注図面を利活用したり、数量を拾うためPDFデータの図面や表をCADに取り込みます。ベクタPDFは取り込みと同時にベクタ変換を行い、ラスタPDFは画像として取り込み可能です。

拡張DM取込み

電子納品成果物の有効活用

測量成果として納品された拡張DMファイルを読込むことで、ライフサイクル(測量→設計→施工→維持管理)にまたがったデータの利活用が可能です。

下水平面図作成支援

管記号や管路の数量自動算出

マンホールや桝、管路の平面記号配置が可能になり旗上げも属性を取得し容易に行えます。また配置済の記号から数量を拾い出し数量表配置も可能です。

3次元コンタ作成

等高線の自動作成

3次元座標を基に任意のピッチでコンタ線を自動作成。座標を取得する際の対象CAD要素も選択が可能なため思い通りの作図ができます。

横断現況からも作成可能

線形計算の形状図配置で、横断計算の現地盤高を利用して等高線や現地盤点を自動作成します。

導入レポート

株式会社愛知コンサルタント 様

切削オーバーレイがさらに充実!
「EX-TREND武蔵2012」の進化

愛知コンサルタントは、舗装工事を中心に土木設計や測量/調査業務を展開する技術者集団。その主力である舗装工事の測量/設計業務の効率化のため、同社は「EX-TREND武蔵」を導入・活用しています。今回は…

ページトップ