Archive

篠原測量登記事務所

Archive

TREND REGIC&BLUETREND XAで
オンライン申請への挑戦を開始

軽井沢駅から車で40分。緑濃い北軽井沢にオフィスを置く篠原測量登記事務所は、40年の歴史を持つ登記事務所です。篠原輝夫氏・敦彦氏という土地家屋調査士親子が営む同事務所は、最近「TREND REGIC」を導入。オンライン申請へ挑戦を開始しました。

「様子見」から一気に準備を整える

貴事務所の特徴は?

輝夫

土地柄、別荘地に関する仕事が多いのが特徴です。特に別荘ブームの頃は、首都圏や遠く関西から別荘地を買いに来る人が多く、分筆登記で1件を何百筆と分筆するなど大変でした。ブームが終わった今でも、何万人という不在地主がいるわけで、そのほとんどが自分の土地がどこかも分かっていません。私たちが地番から場所を特定し、現地に案内してあげるとたいへん喜ばれますよ(笑)。

豊かな緑に包まれた静かなオフィスです

輝夫

ええ、四季折々の花や緑も見事ですよ。しかし、環境は良いのですが、やはり登記などの手続きはどうしても時間がかかってしまいます。以前は比較的近所に出張所がありましたが、行革で閉鎖され、今は半日かけて中之条まで出なければなりません。補正等で何度も行くのは、やはり非効率ですね。

ではオンライン申請は歓迎なのでは?

敦彦

ただ、所轄管内ではまだ図面が電子申請できないということもあり、正直様子見していたんです。ですがようやく来年2月から図面の電子申請もOKとなり、オンライン申請のサイト自体使いやすくリニューアルされるそうなので、この際一気に準備を整えてしまおうと考え、TREND REGICとBLUETREND XAを導入しました。

TREND REGICと「長い付き合い」を

REGICをお選びいただいた理由は?

敦彦

デモを見て「これなら私にも使える」と思えたのが一番です。また福井コンピュータは豊富な実績を持ち、支店が高崎にあったことも大きい。今後オンライン申請が主流となれば長い付き合いになりますから、製品には着実に進化してほしいし、いざという時はすぐ来てもらえる方がいいでしょう(笑)。

輝夫

私は同時に導入したBLUETREND XAも非常に印象的でしたね。簡単に素早く、美しい図面が作れる。感動的なほどでした。

操作はどのようにして学びましたか?

敦彦

テキストはほとんど見ず、とにかく自分で動かしながら覚えていきました。良かったのは、ネット経由で自分のPCを直接サポートしてくれるリモートサポート。担当の方にはすごく助けられましたね。今ではREGICもXAもひと通り使えるようになり、図面作成等の作業が大きく効率化され、省力化できた実感があります。もちろんオンライン申請の方も近々挑戦する予定ですよ。

今後の抱負をお聞かせください

敦彦

オンライン申請に代表される業界の変化は、今後ますます加速していくでしょう。ですから、私も加速していかなければ。アンテナを伸ばして情報を集め、自己研鑽しながら、REGICと共に着実に進化していきたいですね!

※2010年発行のWind/fで掲載したものです。役職などは、取材当時のものです。

本例での導入製品(製品ページ)はこちら

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたいなど、専任のスタッフが疑問にお応えいたします。まずはお気軽にお問合せください。

篠原 輝夫土地家屋調査士
行政書士

篠原 敦彦企画測量部

篠原測量登記事務所

よく読まれている記事