TREND-CORE CIMビューア Free版

TREND-COREで作成した3Dモデルと関連情報が閲覧できるフリーウェア「TREND-CORE CIMビューア Free版」を実際の業務にご利用ください!

TREND-CORE CIMビューア Free版とは?

350

TREND-COREで構築したCIMモデルをより多くの場面で利活用するために、TREND-CORE がインストールされていない環境でも「TREND-CORE CIMビューア Free版」をインストールすることで、TREND-COREで作成したCIMモデルが閲覧できるプログラムです。
発注者や地域住民への説明をスムーズに行うことが可能になります。

  • 「シーン」の再生機能が付いているので、操作が苦手な方でも「再生」ボタンをクリックするだけで、様々な3Dモデルの確認が行えます。
  • 3Dモデルに登録されている「写真」や「書類」は「ビューアデータ」に含まれるため、閲覧するだけでなく、ファイルとして取り出すことも可能です。(※書類閲覧には、各書類の閲覧ソフトが必要です)
  • 無償でダウンロードできるので、社外や一般の方へも3Dモデルが配布できます。
  • 32bitのパソコンでも動作可能です。

動作環境

対応OS Windows 10 May 2019 Update バージョン1903(64bit)
Windows 8.1(64bit)
Windows 7 SP1(64bit)
CPU 推奨Core i7(最低Core i5以上):Intel社製 Celeronでは動作しません。
必要メモリ 推奨8GB(最低4GB以上)
必要HDD容量 2.0GB以上
必要解像度 推奨1600×1200(最低1280×1024以上)
VIDEO DirectX 11.0 対応グラフィックカード
  • ※点群データを扱う場合は、専用GPUメモリを搭載したグラフィックスカード必須
VIDEOメモリ 推奨2GB(最低512MB以上)
  • ※点群データを扱う場合は2GB以上のGPU専用メモリ必須(推奨8GB以上)
その他 Internet Explorer 11.0 以上必須、 Microsoft.NET Framework Ver 4.7.1
  • ※上記動作環境は、2019年8月時点のものです。
  • ※Windows10のデスクトップ環境における「タブレットモード:ON」での動作は保証外です。
  • ※動作確認テストは、動作環境で行っております。
  • ※Windows10以外のアップグレードしたOSでの動作は保証外です。
  • ※仮想マシン上での動作は保証外です。
  • ※CPUは、Intel社製 Coreに限ります。
  • ※プログラムのインストール先としてNASのご利用はできません。またデータを直接NASに保存することは推奨できません。
    NASについて
  • ※データやLANプロテクト等のルーター越えでの運用はプログラム動作保証外です。
    ルーター越えの運用とは、場所の離れた拠点(例えば支店や営業所)から本社に設置しているサーバにあるデータやLANプロテクトのライセンスを取得するケースとなります。

使用許諾契約書

「TREND-CORE CIMビューア Free版」 をダウンロードいただく前に、以下の使用許諾契約書に同意することが必要です。

使用許諾契約書

福井コンピュータ株式会社(以下当社といいます)は、以下の条件のもと「TREND-CORE CIMビューア Free版」(以下「本ソフトウェア」といいます)を使用することを無償で許諾します。

  1. 本ソフトウェアは無償で使用することができますが、本ソフトウェアの著作権は当社から移転するものではありません。
  2. 本ソフトウェアを営利目的に使用することはできますが、本ソフトウェアを販売することはできません。
  3. 本ソフトウェアの一部を取り出しての利用、および第三者への配布はできません。
  4. 本ソフトウェアを使用して得られた結果について形態を問わず出版、発表において公表する場合には、本ソフトウェアと当社の名称を引用等において明示してください。
  5. 当社は、本ソフトウェアの不具合の修正その他いかなる保守についても義務を負うものではありません。また、当社は、本ソフトウェアの使用により生じた損害又は第三者からの請求については、法律上の根拠を問わず一切責任を負いません。
  6. 本ソフトウェアの仕様は、予告なしに変更されることがあります。 なお、当社は本ソフトウェアに関する操作等のサポートは行っておりません。当社電話サポートセンターへのお問い合わせはご遠慮願います。