BIM/CIM道路設計3DCADシステムTREND ROAD Designer(トレンドロードデザイナー)

【ニュースリリース】アップデート版を2024年4月、同7月にリリース

設計フローと概念

3D現況データを基に平面・縦断線形計画(横断片勾配/拡幅設定)を行います。現況と計画の高低差などの状況に応じて動的に可変する標準断面を設定することで、計画した線形上に可変する標準断面が追従し、3D道路モデルが生成されます。設計作業が3Dモデル作成に直結する、新しい概念の設計フローです。

現況取込み(地形モデル)

3Dの現況データを取り込むか、2Dの等高線などから3Dの地形モデルを作成します。

平面・縦断線形計画

現況データ、地形モデルを参照しながら線形の計画を行います。

標準断面作成

現況と計画の高低差などの状況に応じて動的に可変する標準断面を設定します。

3D道路モデル生成

計画した線形上に可変する標準断面が追従し、3D道路モデルを自動生成します。

シミュレーション・図面出力

3D道路モデルならではのシミュレーションや、任意の位置で切り出した2D図面が作成できます。

3Dによる一連の設計作業となるため、設計のための2D変換や施工のための3D変換は不要になり、変更や修正の場合も従来のように2D図面に戻って修正しモデルを起こし直すという作業も必要ありません。

国内の法令・基準への対応

標準断面に配置するパーツ(構造物)について、各地方整備局の土木工事標準設計図集等へ順次対応予定です。パーツ作成のための時間・手間が減り設計検討に注力いただけます。

対応例
  • 土木構造物標準設計第1巻手引き(側溝類・暗渠類)
  • 土木構造物標準設計第2巻手引き(擁壁類)
  • 土木工事標準設計図集【平成15年東北地方整備局版】

また、国土交通省の「令和5年度BIM/CIM原則適用」が施行され、対応が迫られる設計業務の3D化に備えた環境構築をサポートします。

オープンフォーマット利活用

様々なシーンで利用されている各種オープンフォーマットに対応しており、一連の建設プロセスで3Dデータを活用することができます。

  • ※本ページで使用されている現場データ出典元:My City Construction・静岡県下田土木事務所・(一)河津下田線 伊豆地域振興対策道路整備事業に伴う設計業務委託/My City Construction・静岡県浜松土木事務所・令和3年度[第32-K2898-01号]二級河川馬込川国土強靭化対策(総合流域防災)に伴う測量・設計業務委託
  • ※背景マップを表示する機能は、2023年7月のリリース版では未対応となります。