• 製品・サービスがお決まりの方
  • 目的から探す/測量
  • 目的から探す/土木
  • 測量CADシステムTREND-ONE

    強力な 64bit アプリケーションへとリニューアルした「TREND-ONE」。航空写真等の写真データや点群データ等々、巨大なデータも手軽に扱えるパワーを備えています。リニューアルにあたり「BLUETREND」ユーザー約100社の使用状況を分析。最小の手数で成果作成できるようユーザー・インターフェイスも一新。 かつてない強力かつ使いやすいCAD環境で、飛躍的な効率化を実現します。

  • 土木施工管理システムEX-TREND 武蔵

    工事に必要な測量計算、CAD、出来形・写真・品質管理、電子納品などをパッケージした土木施工業向けオールインワンシステム。特に測量計算と連動したCADは秀逸で、使いやすさと高機能を両立し、全国のユーザ様より大変好評をいただいています。また、本シリーズの電子納品関連プログラムは、全国約半数の都道府県が採用するなど、圧倒的な信頼を得ています。

  • 現場端末システムTREND-FIELD

    RTK-GNSS(SOKKIA、TOPCON、Leica社製)、ネットワーク型RTK-GNSS(VRS方式)による座標取得やトータルステーションから観測したデータを取り込み、リアルタイムに現況平面図を作成するポータブルCAD。現況平面図作成だけでなく、図面表示や写真撮影、縦横断の観測や境界観測が行え、用地測量や敷地調査にも活用できます。また、TREND-ONE、Mercury-ONEとの連携で、成果作成が効率的に行えます。

  • 現場計測アプリFIELD-TERRACE

    各種測器や、「GNSS」の測位データと連携し、測設、丁張設置などの現場の位置出し作業を効率化するアプリです。シンプルな機能と操作性で、簡単に利用でき、土木施工現場で必要な計算機能を多数搭載しています。【EX-TREND武蔵】とのデータ連携により、“図面”と“現場”をよりリンクさせた業務支援を実現します。Professional版では、国土交通省が推進するi-ConstructionやBIM/CIM発注工事における現場計測作業を効率化する、高度な3D計測に対応できる機能を搭載しております。

  • 3D点群処理システムTREND-POINT

    3Dレーザースキャナーやドローン、MMS等で計測した膨大な点群データをストレスなく高速に取り扱うことができ、豊富なフィルター(ごみ取り)や断面作成、メッシュ土量計算が可能な3D点群処理システムです。”i-Construction”の出来形管理要領にも対応し、急速に普及が進む点群データの活用を幅広くサポートします。

  • 現場端末システムTREND-FIELD(土木施工業向け機能)

    現場に持ち出し、図面表示や逆打ち・出来形管理・丁張り・写真撮影など多目的に活用できる現場端末システム。国土交通省が推し進める現場の生産性革命を支援するシステムとして、“i-Construction”の中でも勧められているGNSS関連機能も搭載。事務所内で稼動するEX-TREND 武蔵のデータと、施工現場の座標データを連携させ、高効率・高精度な出来形管理や丁張り設置などを実現させる、新時代のポータブルシステムです。

  • 土地家屋調査士業務支援システムTREND REX

    「TREND REX(トレンドレックス)」は土地家屋調査士における外業から内業までの一連の流れをワンパッケージでサポート。複数のソフトで入力・管理していたデータを一つにまとめることができます。オンライン申請も積極的にサポートし、業務の生産性を飛躍させる調査士専用アプリケーションです。

  • CIM コミュニケーションシステムTREND-CORE

    土木施工業向けの国産CIMシステム。4D施工ステップによる施工手順の"見える化"を始め、BIM/CIMやi-Constructionに対応するデータ作成が行えます。発注者や地元住民への合意形成を手助けするフリービューアの提供など、建設現場におけるBIM/CIM活用をより高度に支援します。

  • 測量CADシステムMercury-ONE

    「Mercury-Evoluto」が「i-Construction」への対応を強化しさらに進化。3次元データとの連携を可能にし、精細で広範囲なUAV計測写真および航空写真の活用を促進するため、大規模データも容易に取り扱える64bitアプリケーションとしてパワーアップしました。“Mercury-Evoluto”の遺伝子を受け継ぎ、建設現場の生産性向上を強力に支援します。

  • 建設バーチャルリアリティシステムTREND-CORE VR

    「TREND-CORE」で作成した3次元モデルデータを、VRシステム(ヘッドマウントディスプレイ)を使用して、「まるで工事現場に立っているかのように」圧倒的な没入感が体験できます。今までにはない視点で現場を見ることで、安全・品質・工程等の各面での向上が見込まれます。

  • 測量成果作成・活用システムMercury-Evoluto

    公共測量事業の電子納品成果を作成します。システムは測量計算・図面編集・道路現況(河川)で構成されています。測量成果は「自由なデータベース属性の構築」と「広域地図データ(地理院地図)の背景表示」に対応しており、測量CADシステムを超えて簡易GISとしての運用が可能です。

  • 発注者用電子納品管理システムEX-TREND 官公庁シリーズ

    全国の都道府県の約半数が採用している、信頼性抜群の発注者用電子納品管理システム。電子納品データのチェックと管理、SXF対応の簡易CAD、技術者向けのハイエンドCADなど、ニーズに合わせたラインナップを取り揃えています。

  • 地籍調査・管理システムLandMap-Evoluto

    地籍調査事業の測量・図面成果作成、納品成果の管理・運用で 使用する専用システムです。事務支援システムとデータ連携し地籍記載例や電子納品要領案に準拠したC~H工程成果を作成します。複数年の電子納品成果や地籍F2K成果データ等を集約し、地籍調査後の情報を広域データとして管理や運用システムとして利用できます。

  • クラウドサービスCIMPHONY Plus

    「CIMPHONY Plus」は、3次元点群の現況データや3次元モデルの計画データを元に、計測機能・注釈機能等を用いて、進捗確認や分析・リスク検討、あるいは遠隔臨場・協議等を、非対面で行えるクラウドサービスです。

  • 地籍調査・14条地図作成システムMercury-LAVIS

    地籍調査(14条地図整備)のD~H工程をワンパッケージで行える地籍調査専用システムです。法務局データを利用した各種帳票や図面作成、Mercury-ONEとの連携による成果作成も可能となっており作業が効率的に行えます。また最新の記載例や作業規定・運用基準にも対応しています。

  • 地理情報システムPC-MAPPING/HT

    PC-MAPPINGは、数値地図をはじめとする市販のデジタル地図や、CADの標準互換フォーマット(DXF)、測量データの標準互換フォーマット(SIMA)に対応した、地理情報(GIS)構築支援システムです。

  • CPDS取得支援サービスCPDSステーション

    EX-TREND 武蔵「CPDSステーション」は、建設業界で求められるCPDS(全国土木施工管理技士会連合会の継続学習制度)の取得支援を行うサービスです。
    CPDS認定のWEBセミナーや、全国の各拠点で開催する地域セミナー、お客様の会社に訪問して開催する個別訪問セミナーを通して、総合評価落札方式で求められるCPDS取得をサポートします。

  • NETIS登録技術の活用

    NETIS(New Technology Information System)とは、新技術情報提供システムのことで、公共工事等で活用する新技術をまとめたデータベースです。国土交通省が新技術に関わる情報を一般に提供し、新技術の活用を推進する目的で運用しています。
    公共工事等においてNETIS に登録された新技術を活用する事により、コストの縮減や工期の短縮が期待でき、技術評価点および工事成績評定点の向上が見込めます。

  • 電子納品ツール/TREND写真管理

    【電子納品ツール】国・各都道府県の発注機関から公表されている要領・基準にも対応。CAD製図基準(案)チェック機能とわかりやすいインターフェースで測量・設計業務の電子納品を支援します。
    【TREND写真管理】簡単操作・高速処理で大量の写真管理を効率的に行えます。アルバム作成や電子納品、写真改ざんや禁則文字のエラーチェックにも対応しています。

  • TREND-CORE CIMビューア

    TREND-COREで構築したCIMモデルをより多くの場面で利活用するために、TREND-CORE がインストールされていない環境でも「TREND-CORE CIMビューア Free版」をインストールすることで、TREND-COREで作成したCIMモデルが閲覧できるプログラムです。発注者や地域住民への説明をスムーズに行うことが可能になります。

測量・設計 基準点測量 / 路線縦横断測量 / 用地測量
土地家屋調査士 表示登記関連図面作成(CAD) / 申請書類・事件管理
点群活用 点群編集処理
電子平板 現況平面図 / 写真撮影 / 調査
電子納品 / 写真管理 CAD製図基準(案)チェック / 写真管理
地籍調査 測量計算 / 調書作成 / 図面作成(CAD)
データ共有・管理 クラウド / 地図上管理 / 時間軸管理
3Dモデル・シミュレーション 3Dモデル / 計画シミュレーション / VR

  • 測量CADシステムTREND-ONE

    強力な 64bit アプリケーションへとリニューアルした「TREND-ONE」。航空写真等の写真データや点群データ等々、巨大なデータも手軽に扱えるパワーを備えています。リニューアルにあたり「BLUETREND」ユーザー約100社の使用状況を分析。最小の手数で成果作成できるようユーザー・インターフェイスも一新。 かつてない強力かつ使いやすいCAD環境で、飛躍的な効率化を実現します。

  • 土木施工管理システムEX-TREND 武蔵

    工事に必要な測量計算、CAD、出来形・写真・品質管理、電子納品などをパッケージした土木施工業向けオールインワンシステム。特に測量計算と連動したCADは秀逸で、使いやすさと高機能を両立し、全国のユーザ様より大変好評をいただいています。また、本シリーズの電子納品関連プログラムは、全国約半数の都道府県が採用するなど、圧倒的な信頼を得ています。

  • 現場端末システムTREND-FIELD

    RTK-GNSS(SOKKIA、TOPCON、Leica社製)、ネットワーク型RTK-GNSS(VRS方式)による座標取得やトータルステーションから観測したデータを取り込み、リアルタイムに現況平面図を作成するポータブルCAD。現況平面図作成だけでなく、図面表示や写真撮影、縦横断の観測や境界観測が行え、用地測量や敷地調査にも活用できます。また、TREND-ONE、Mercury-ONEとの連携で、成果作成が効率的に行えます。

  • 現場計測アプリFIELD-TERRACE

    各種測器や、「GNSS」の測位データと連携し、測設、丁張設置などの現場の位置出し作業を効率化するアプリです。シンプルな機能と操作性で、簡単に利用でき、土木施工現場で必要な計算機能を多数搭載しています。【EX-TREND武蔵】とのデータ連携により、“図面”と“現場”をよりリンクさせた業務支援を実現します。Professional版では、国土交通省が推進するi-ConstructionやBIM/CIM発注工事における現場計測作業を効率化する、高度な3D計測に対応できる機能を搭載しております。

  • 3D点群処理システムTREND-POINT

    3Dレーザースキャナーやドローン、MMS等で計測した膨大な点群データをストレスなく高速に取り扱うことができ、豊富なフィルター(ごみ取り)や断面作成、メッシュ土量計算が可能な3D点群処理システムです。”i-Construction”の出来形管理要領にも対応し、急速に普及が進む点群データの活用を幅広くサポートします。

  • 現場端末システムTREND-FIELD(土木施工業向け機能)

    現場に持ち出し、図面表示や逆打ち・出来形管理・丁張り・写真撮影など多目的に活用できる現場端末システム。国土交通省が推し進める現場の生産性革命を支援するシステムとして、“i-Construction”の中でも勧められているGNSS関連機能も搭載。事務所内で稼動するEX-TREND 武蔵のデータと、施工現場の座標データを連携させ、高効率・高精度な出来形管理や丁張り設置などを実現させる、新時代のポータブルシステムです。

  • 土地家屋調査士業務支援システムTREND REX

    「TREND REX(トレンドレックス)」は土地家屋調査士における外業から内業までの一連の流れをワンパッケージでサポート。複数のソフトで入力・管理していたデータを一つにまとめることができます。オンライン申請も積極的にサポートし、業務の生産性を飛躍させる調査士専用アプリケーションです。

  • CIM コミュニケーションシステムTREND-CORE

    土木施工業向けの国産CIMシステム。4D施工ステップによる施工手順の"見える化"を始め、BIM/CIMやi-Constructionに対応するデータ作成が行えます。発注者や地元住民への合意形成を手助けするフリービューアの提供など、建設現場におけるBIM/CIM活用をより高度に支援します。

  • 測量CADシステムMercury-ONE

    「Mercury-Evoluto」が「i-Construction」への対応を強化しさらに進化。3次元データとの連携を可能にし、精細で広範囲なUAV計測写真および航空写真の活用を促進するため、大規模データも容易に取り扱える64bitアプリケーションとしてパワーアップしました。“Mercury-Evoluto”の遺伝子を受け継ぎ、建設現場の生産性向上を強力に支援します。

  • 建設バーチャルリアリティシステムTREND-CORE VR

    「TREND-CORE」で作成した3次元モデルデータを、VRシステム(ヘッドマウントディスプレイ)を使用して、「まるで工事現場に立っているかのように」圧倒的な没入感が体験できます。今までにはない視点で現場を見ることで、安全・品質・工程等の各面での向上が見込まれます。

  • 測量成果作成・活用システムMercury-Evoluto

    公共測量事業の電子納品成果を作成します。システムは測量計算・図面編集・道路現況(河川)で構成されています。測量成果は「自由なデータベース属性の構築」と「広域地図データ(地理院地図)の背景表示」に対応しており、測量CADシステムを超えて簡易GISとしての運用が可能です。

  • 発注者用電子納品管理システムEX-TREND 官公庁シリーズ

    全国の都道府県の約半数が採用している、信頼性抜群の発注者用電子納品管理システム。電子納品データのチェックと管理、SXF対応の簡易CAD、技術者向けのハイエンドCADなど、ニーズに合わせたラインナップを取り揃えています。

  • 地籍調査・管理システムLandMap-Evoluto

    地籍調査事業の測量・図面成果作成、納品成果の管理・運用で 使用する専用システムです。事務支援システムとデータ連携し地籍記載例や電子納品要領案に準拠したC~H工程成果を作成します。複数年の電子納品成果や地籍F2K成果データ等を集約し、地籍調査後の情報を広域データとして管理や運用システムとして利用できます。

  • クラウドサービスCIMPHONY Plus

    「CIMPHONY Plus」は、3次元点群の現況データや3次元モデルの計画データを元に、計測機能・注釈機能等を用いて、進捗確認や分析・リスク検討、あるいは遠隔臨場・協議等を、非対面で行えるクラウドサービスです。

  • 地籍調査・14条地図作成システムMercury-LAVIS

    地籍調査(14条地図整備)のD~H工程をワンパッケージで行える地籍調査専用システムです。法務局データを利用した各種帳票や図面作成、Mercury-ONEとの連携による成果作成も可能となっており作業が効率的に行えます。また最新の記載例や作業規定・運用基準にも対応しています。

  • 地理情報システムPC-MAPPING/HT

    PC-MAPPINGは、数値地図をはじめとする市販のデジタル地図や、CADの標準互換フォーマット(DXF)、測量データの標準互換フォーマット(SIMA)に対応した、地理情報(GIS)構築支援システムです。

  • CPDS取得支援サービスCPDSステーション

    EX-TREND 武蔵「CPDSステーション」は、建設業界で求められるCPDS(全国土木施工管理技士会連合会の継続学習制度)の取得支援を行うサービスです。
    CPDS認定のWEBセミナーや、全国の各拠点で開催する地域セミナー、お客様の会社に訪問して開催する個別訪問セミナーを通して、総合評価落札方式で求められるCPDS取得をサポートします。

  • NETIS登録技術の活用

    NETIS(New Technology Information System)とは、新技術情報提供システムのことで、公共工事等で活用する新技術をまとめたデータベースです。国土交通省が新技術に関わる情報を一般に提供し、新技術の活用を推進する目的で運用しています。
    公共工事等においてNETIS に登録された新技術を活用する事により、コストの縮減や工期の短縮が期待でき、技術評価点および工事成績評定点の向上が見込めます。

  • 電子納品ツール/TREND写真管理

    【電子納品ツール】国・各都道府県の発注機関から公表されている要領・基準にも対応。CAD製図基準(案)チェック機能とわかりやすいインターフェースで測量・設計業務の電子納品を支援します。
    【TREND写真管理】簡単操作・高速処理で大量の写真管理を効率的に行えます。アルバム作成や電子納品、写真改ざんや禁則文字のエラーチェックにも対応しています。

  • TREND-CORE CIMビューア

    TREND-COREで構築したCIMモデルをより多くの場面で利活用するために、TREND-CORE がインストールされていない環境でも「TREND-CORE CIMビューア Free版」をインストールすることで、TREND-COREで作成したCIMモデルが閲覧できるプログラムです。発注者や地域住民への説明をスムーズに行うことが可能になります。

i-Construction・BIM/CIM 3次元設計データ作成 / 出来形管理 / 3Dモデリング
図面作成・土木計算 CAD / 座標計算 / 各種展開図 / 現場計測
施工管理 施工計画書 / 工程管理 / 写真管理 / 電子小黒板 / 出来形管理
電子納品
点群処理・活用 点群処理 / 数量算出 / 断面抽出
3Dモデル作成・活用 3Dモデリング / 施工シミュレーション / VR
クラウド活用 データ管理・共有
総合評価対策 NETIS活用 / CPDS取得
官公庁 発注者用電子納品管理

  • 測量CADシステムTREND-ONE

    強力な 64bit アプリケーションへとリニューアルした「TREND-ONE」。航空写真等の写真データや点群データ等々、巨大なデータも手軽に扱えるパワーを備えています。リニューアルにあたり「BLUETREND」ユーザー約100社の使用状況を分析。最小の手数で成果作成できるようユーザー・インターフェイスも一新。 かつてない強力かつ使いやすいCAD環境で、飛躍的な効率化を実現します。

  • 土木施工管理システムEX-TREND 武蔵

    工事に必要な測量計算、CAD、出来形・写真・品質管理、電子納品などをパッケージした土木施工業向けオールインワンシステム。特に測量計算と連動したCADは秀逸で、使いやすさと高機能を両立し、全国のユーザ様より大変好評をいただいています。また、本シリーズの電子納品関連プログラムは、全国約半数の都道府県が採用するなど、圧倒的な信頼を得ています。

  • 現場端末システムTREND-FIELD

    RTK-GNSS(SOKKIA、TOPCON、Leica社製)、ネットワーク型RTK-GNSS(VRS方式)による座標取得やトータルステーションから観測したデータを取り込み、リアルタイムに現況平面図を作成するポータブルCAD。現況平面図作成だけでなく、図面表示や写真撮影、縦横断の観測や境界観測が行え、用地測量や敷地調査にも活用できます。また、TREND-ONE、Mercury-ONEとの連携で、成果作成が効率的に行えます。

  • 現場計測アプリFIELD-TERRACE

    各種測器や、「GNSS」の測位データと連携し、測設、丁張設置などの現場の位置出し作業を効率化するアプリです。シンプルな機能と操作性で、簡単に利用でき、土木施工現場で必要な計算機能を多数搭載しています。【EX-TREND武蔵】とのデータ連携により、“図面”と“現場”をよりリンクさせた業務支援を実現します。Professional版では、国土交通省が推進するi-ConstructionやBIM/CIM発注工事における現場計測作業を効率化する、高度な3D計測に対応できる機能を搭載しております。

  • 3D点群処理システムTREND-POINT

    3Dレーザースキャナーやドローン、MMS等で計測した膨大な点群データをストレスなく高速に取り扱うことができ、豊富なフィルター(ごみ取り)や断面作成、メッシュ土量計算が可能な3D点群処理システムです。”i-Construction”の出来形管理要領にも対応し、急速に普及が進む点群データの活用を幅広くサポートします。

  • 現場端末システムTREND-FIELD(土木施工業向け機能)

    現場に持ち出し、図面表示や逆打ち・出来形管理・丁張り・写真撮影など多目的に活用できる現場端末システム。国土交通省が推し進める現場の生産性革命を支援するシステムとして、“i-Construction”の中でも勧められているGNSS関連機能も搭載。事務所内で稼動するEX-TREND 武蔵のデータと、施工現場の座標データを連携させ、高効率・高精度な出来形管理や丁張り設置などを実現させる、新時代のポータブルシステムです。

  • 土地家屋調査士業務支援システムTREND REX

    「TREND REX(トレンドレックス)」は土地家屋調査士における外業から内業までの一連の流れをワンパッケージでサポート。複数のソフトで入力・管理していたデータを一つにまとめることができます。オンライン申請も積極的にサポートし、業務の生産性を飛躍させる調査士専用アプリケーションです。

  • CIM コミュニケーションシステムTREND-CORE

    土木施工業向けの国産CIMシステム。4D施工ステップによる施工手順の"見える化"を始め、BIM/CIMやi-Constructionに対応するデータ作成が行えます。発注者や地元住民への合意形成を手助けするフリービューアの提供など、建設現場におけるBIM/CIM活用をより高度に支援します。

  • 測量CADシステムMercury-ONE

    「Mercury-Evoluto」が「i-Construction」への対応を強化しさらに進化。3次元データとの連携を可能にし、精細で広範囲なUAV計測写真および航空写真の活用を促進するため、大規模データも容易に取り扱える64bitアプリケーションとしてパワーアップしました。“Mercury-Evoluto”の遺伝子を受け継ぎ、建設現場の生産性向上を強力に支援します。

  • 建設バーチャルリアリティシステムTREND-CORE VR

    「TREND-CORE」で作成した3次元モデルデータを、VRシステム(ヘッドマウントディスプレイ)を使用して、「まるで工事現場に立っているかのように」圧倒的な没入感が体験できます。今までにはない視点で現場を見ることで、安全・品質・工程等の各面での向上が見込まれます。

  • 測量成果作成・活用システムMercury-Evoluto

    公共測量事業の電子納品成果を作成します。システムは測量計算・図面編集・道路現況(河川)で構成されています。測量成果は「自由なデータベース属性の構築」と「広域地図データ(地理院地図)の背景表示」に対応しており、測量CADシステムを超えて簡易GISとしての運用が可能です。

  • 発注者用電子納品管理システムEX-TREND 官公庁シリーズ

    全国の都道府県の約半数が採用している、信頼性抜群の発注者用電子納品管理システム。電子納品データのチェックと管理、SXF対応の簡易CAD、技術者向けのハイエンドCADなど、ニーズに合わせたラインナップを取り揃えています。

  • 地籍調査・管理システムLandMap-Evoluto

    地籍調査事業の測量・図面成果作成、納品成果の管理・運用で 使用する専用システムです。事務支援システムとデータ連携し地籍記載例や電子納品要領案に準拠したC~H工程成果を作成します。複数年の電子納品成果や地籍F2K成果データ等を集約し、地籍調査後の情報を広域データとして管理や運用システムとして利用できます。

  • クラウドサービスCIMPHONY Plus

    「CIMPHONY Plus」は、3次元点群の現況データや3次元モデルの計画データを元に、計測機能・注釈機能等を用いて、進捗確認や分析・リスク検討、あるいは遠隔臨場・協議等を、非対面で行えるクラウドサービスです。

  • 地籍調査・14条地図作成システムMercury-LAVIS

    地籍調査(14条地図整備)のD~H工程をワンパッケージで行える地籍調査専用システムです。法務局データを利用した各種帳票や図面作成、Mercury-ONEとの連携による成果作成も可能となっており作業が効率的に行えます。また最新の記載例や作業規定・運用基準にも対応しています。

  • 地理情報システムPC-MAPPING/HT

    PC-MAPPINGは、数値地図をはじめとする市販のデジタル地図や、CADの標準互換フォーマット(DXF)、測量データの標準互換フォーマット(SIMA)に対応した、地理情報(GIS)構築支援システムです。

  • CPDS取得支援サービスCPDSステーション

    EX-TREND 武蔵「CPDSステーション」は、建設業界で求められるCPDS(全国土木施工管理技士会連合会の継続学習制度)の取得支援を行うサービスです。
    CPDS認定のWEBセミナーや、全国の各拠点で開催する地域セミナー、お客様の会社に訪問して開催する個別訪問セミナーを通して、総合評価落札方式で求められるCPDS取得をサポートします。

  • NETIS登録技術の活用

    NETIS(New Technology Information System)とは、新技術情報提供システムのことで、公共工事等で活用する新技術をまとめたデータベースです。国土交通省が新技術に関わる情報を一般に提供し、新技術の活用を推進する目的で運用しています。
    公共工事等においてNETIS に登録された新技術を活用する事により、コストの縮減や工期の短縮が期待でき、技術評価点および工事成績評定点の向上が見込めます。

  • 電子納品ツール/TREND写真管理

    【電子納品ツール】国・各都道府県の発注機関から公表されている要領・基準にも対応。CAD製図基準(案)チェック機能とわかりやすいインターフェースで測量・設計業務の電子納品を支援します。
    【TREND写真管理】簡単操作・高速処理で大量の写真管理を効率的に行えます。アルバム作成や電子納品、写真改ざんや禁則文字のエラーチェックにも対応しています。

  • TREND-CORE CIMビューア

    TREND-COREで構築したCIMモデルをより多くの場面で利活用するために、TREND-CORE がインストールされていない環境でも「TREND-CORE CIMビューア Free版」をインストールすることで、TREND-COREで作成したCIMモデルが閲覧できるプログラムです。発注者や地域住民への説明をスムーズに行うことが可能になります。