TREND REX
体験版事前申込
キャンペーン!

9月24日の体験版公開に先立ち、事前申込をしていただいた方 先着500名様にオリジナルマグカッププレゼント!
  • キャンペーン概要

    本サイトよりTREND REX 体験版事前申込を行っていただいた先着500名様に、
    オリジナルマグカップをプレゼント致します。

    応募期間

    2020年8月5日(水) 9:00~2020年9月23日(水) 18:00まで

    景品について

    本キャンペーンにおける景品は、以下の通りです。
    TREND REX オリジナルマグカップ 1個(先着500名様)

    応募方法

    TREND REX「体験版事前申込」ページの登録フォームより必要事項をご入力の上、事前申込を行ってください。

    注意事項

    ・実際に無料体験版がご利用いただけるのは2020年9月24日以降となります。
    ・お申し込みはお1人様1回限りとさせていただきます。
    ・応募期間内であっても、規定数量に達し次第終了となります。
    ・規定数量内にご応募いただいたお客様への商品の発送は2020年9月下旬から10月を予定しています。
    ・都合により商品の外見、デザインなどは一部変更になる場合がございます。
    ・ご応募は、パソコン・スマートフォンのみの受け付けとなります。
    ・プレゼントの交換、換金、返品には応じかねます。また、権利の譲渡、変更などはできません。
    ・メールの受信拒否設定などをしていると、プレゼントがお手元に届かない場合がございます。その場合は無効となりますので、ご注意ください。
  • オリジナルマグカップ
TREND REGICユーザー様には特別ご優待を行っています。詳しくは郵送でご案内させていただきます。
体験版事前申込をする

TREND REX発売前特別インタビュー

実務視点でTREND REXをレビュー。
調査士業務の働き方は変わるのか
近年、法務省にて策定された「法務省デジタル・ガバメント中長期計画」などの動きや、新型コロナウイルスに起因する業務の変化など、世の中で叫ばれる”新しい働き方”は、例に漏れず土地家屋調査士業務にも及んでいます。
今回は、福井県福井市にて長年調査士事務所を経営されている寺前鉄也氏に発売前の土地家屋調査士業務支援システム「TREND REX」の機能を説明させていただき、これにより土地家屋調査士の働き方は今後どう変わっていくのか、実務視点でレビューしていただきます。
  • 寺 前  鉄 也
    福井県福井市 寺前鉄也事務所
    寺 前  鉄 也TERAMAE TETSUYA
    設立 2003年9月
    所在地 福井県福井市
    TEL 0776-26-9887
    https://www.teramae-office.jp/

一通りTREND REXの機能を説明させていただきましたが、
現在、貴事務所の業務で使用するソフトウェアと比べて
どのような印象を受けましたか?

  • 寺前氏:例えば私は、普段の業務で日本土地家屋調査士会連合会が出している「不動産登記規則第93条不動産調査報告書作成ソフト」を使っています。
    以前と比べて随分使いやすくはなりましたが、入力欄の行数が足りなかったり、アンドゥリドゥ(やり直し)が使えなかったり、細かいところで使いにくく感じることが多いです。そういったところはTREND REX(以下REX)では改善されているように見えましたね。
    なんといっても調査士業における一連の業務をREXのみで行えるというのが一番の魅力です。様々なソフトを駆使して使うより遥かに効率的だと思いますし、パソコンの買い換えの時などもこれだけインストールすればいいわけですから、すぐに業務が再開できますよね。
  • 寺前先生

御社では測量CADシステム「TREND-ONE」を御導入いただいていますが、
「TREND REX」とデータ連携することによってどのような効果があると感じますか?

寺前氏:やはり作業時間の短縮ではないでしょうか。通常私たちは調査の際など登記情報提供サービスからPDFファイルを取得します。REX上でPDFの内容を解析して自動入力される機能もさることながら、さらにPDFから取り込んだ登記情報を活用し、TREND-ONEとREXを連携させて調査素図を作れると聞いて、いいなと思いました。
  • 寺前先生
  • 寺前先生

オンライン申請機能に特にご期待いただいたようですが?

  • 寺前先生
  • 寺前氏:昨今、世の中で言われているコロナ禍の影響は、もちろん調査士業にも及んでいます。例えば依頼者とのやり取りなどは可能な限り郵送で行うようになりましたし、今年の4月には法務省より土地家屋調査士連合会宛にオンライン申請又は郵送による申請の協力依頼がありました。
    当面の間とはいえ、これからの業務方法を変えざるを得ませんのでオンライン申請機能は今の時代に則した機能だと思います。そのほか、REX上でファイルを一括して電子署名できるところは大変便利ですし、申請用のファイルも選択するだけで作れるとあって、添付忘れも起きにくいだろうなと思います。 現状、持参や郵送により書面を添付されていて、今から調査士報告様式やフルオンライン申請に挑戦しようとされている調査士の先生方には強い味方になるのではないでしょうか。

TREND REX自体には今後どのような期待をお寄せですか?

寺前氏:先にも申しましたが、調査士業に限らず社会全体の働き方が変わろうとしています。
REXは今後も定期的に調査士向けに機能アップされるということですが、例えば日常業務で作成する書類も連携して作成できるよう、その書式を加えていったらもっといいソフトウェアになるのではないでしょうか。
ありがとうございました!当社としては常にお客様の声を基に製品開発をしてまいります。是非今後ともよろしくお願いします。
体験版事前申込をする

開発者インタビュー

全ての
土地家屋調査士のために。
土地家屋調査士の業務を効率化し、仕事の質を高めることを目的として開発された「TREND REX」。
その開発ストーリーをインタビューにてご紹介します。
  • 柏 木  保 宏
    取締役 測量事業部 部長
    柏 木  保 宏KASHIWAGI YASUHIRO
  • 高 須  健太郎
    測量事業部 ジュニアマネージャー
    高 須  健太郎TAKASU KENTARO

土地家屋調査士の事務業務を支援する「TREND REX」は、
どのような経緯で開発に至ったのでしょう??

  • 柏木:土地家屋調査士は、2003年8月1日から法務大臣認可であった報酬規程が廃止され、個々の事務所が自由に報酬額を定めることができるようになりました。さらに近年、調査士法人の増加により、委託業務における市場競争が高まってきています。これに伴い、顧客に対する質の高いサービス提供や作業の効率化、コスト削減がこれまで以上に求められるようになってきています。「TREND REX」は、このようなニーズにお応えし、調査業務の差別化と効率化の支援を目的に開発いたしました。
    高須:当社は測量や土木関連のソフトウエアのイメージが強いかもしれませんが、実は土地家屋調査士向けのソフトウエア開発が出発点なんです。約40年前に当社が手がけた「図作」というソフトは、手作業が主流だった時代にコンピュータ上で座標計算や面積計算を可能にした画期的なソフトで、大幅な省力化を実現。お客様が苦労している点など生の声を反映して開発したことから高評価をいただき、当時としては高額だったにも関わらず多数の土地家屋調査士の先生方にご購入いただいたという実績と信頼があります。
    「TREND REX」の開発もその歴史を踏襲し、今まで以上にリサーチに力を入れました。まずは当社製品をご利用いただいている全土地家屋調査士ユーザー様へのアンケートを実施。普段、どのような業務をどのくらいの数、どのような方法で、どのようなソフトを使って行っているかなどの設問に対し、約350のお客様から回答をいただきました。さらに、土地家屋調査士の仕事をより深く知るため、私自身がお客様の事務所に出向し、実務研修を受けました。受託の現場から実地調査、測量、立ち会いに同行し、仕事の流れ、見積もり、受注、電話でのやりとり、図面や報告書などの成果作成におけるお客様のリアルな業務をじっくり見させていただき、生の声や経験を生かすことで、これまで以上に業務に特化したシステムの開発につなげることができたと思います。
    なお、開発にあたっては、土地家屋調査士の先生に監修をいただき、普段の業務にそった違和感のないコマンドの配置や画面構成、用語の選定なども吟味。また、ファイル管理に使用されているエクスプローラの操作性に合わせ、例えばダブルクリックで編集、右クリックで編集可能な操作一覧を表示するなど、土地家屋調査士の先生方が直感的に使いやすいものになるよう隅々まで配慮いたしました。
  • 柏 木  保 宏
    高 須  健太郎

「TREND REX」の特長やメリットについて教えてください。

柏木:①電子データ化した書類を管理・保管できる、②測量CADシステム「TREND-ONE」(以下ONE )とのスムーズな連動、③インストールから利用開始までの簡便さ、の3点が大きな特長となります。
高須:①については、土地家屋調査士の仕事は登記申請業務をはじめ多岐にわたっており、各々の業務に必要な資料の収集、書類の作成、さらには提出書類の選別、納品、保管・管理といった様々な作業を行わなければなりません。現状ではこれらの作業を、測量CADシステムやワード・エクセル、調査報告書作成ソフト、申請用総合ソフトなど別々の専用ソフトで行っており、必要な資料やデータがどこにあるか探すのに時間がかかったり、同じ入力を別々のソフトに複数回行う必要があったり、紙の書類と電子データの2重管理が必要になったりと、作業効率の低下を招いています。「TREND REX」は資料収集から書類作成、データ管理までを事件単位で一元的に行えますので、事務作業全般の効率アップを実現。ペーパーレス化にもつなげていただけます。
②については、土地家屋調査士の仕事には測量計算や図化といった作業が必須なため、測量業務支援を担う「ONE」と、事務支援ソフトとのスムーズな連携は作業の効率化はもちろん、ミス低減にもつながる重要な要素となります。「TREND REX」の前身ソフトでも連携は行っていましたが、データのやりとりが手作業だったため、作業が煩雑でミスを招きやすいのが課題となっていました。「TREND REX」は、この点を改善。「ONE」の現場データを直接作成、管理できるようにしたことで、データを「探す」「取得する」手間を省き、スムーズな成果作成を実現しています。さらに、データ管理面も改善しました。これまではソフトごとにデータを抱え、編集・保管する流れだったのに対し、「TREND REX」では、「ONE」で作成した計算データを「TREND REX」内にコピー。誤ってデータを上書きしてしまうことも防げ、バックアップも「TREND REX」だけで完結します。
③につきましては、WEBからダウンロードいただければ自動でインストールが開始され、数回クリックすれば利用が可能です。サブスクリプションでのご提供となりますので、導入費用を抑え、月々の更新もスムーズ。常に最新版をご利用いただけるのもメリットです。
  • 柏 木  保 宏
  • 高 須  健太郎

「TREND REX」の導入で、土地家屋調査士の働き方はどう変わるでしょうか?

  • 柏 木  保 宏
    高 須  健太郎
  • 柏木:現在、土地家屋調査士の仕事は、急速にデジタル化が進んでいます。法務省が策定している「デジタルガバメント中長期計画」の中には、登記・供託についても記載があり、今後、オンライン申請をはじめ、申請業務を取り巻く環境はデジタル化に向けて大きく変化していくと予想されます。「TREND REX」は、サブスクリプションでのご提供とさせていただいておりますが、その一番のメリットは、システム導入にかかる初期費用負担をなくし、常に最新の商品を定額で使い続けられる点にあります。常に最新版をご提供させていただくことで今後のデジタル化にも即時対応し、業務に支障が出ることなく安心して使い続けていただけますし、リリース後もユーザー様のニーズに応えてアップデートを行っていきます。なお、「TREND REX」の導入にあたっては、スムーズにお使いいただけるよう、使い方を解説するWEB動画などのコンテンツも多数ご用意いたします。
    高須:業務の大幅な効率化も実現します。「TREND REX」の導入により、資料収集から書類作成、データ管理までを事件単位で一元的に行えるので、収集したデータの検索や転用をスムーズに行えたり、データ入力の二度手間を減らしたりと、事務作業全般を効率化していただけます。また、データの電子化と「TREND REX」を活用することで、今まで苦労していた紙書類の保管場所の悩みの解消にもつながると思います。
    また、「TREND REX」はタッチ操作にも対応しています。現段階では一部機能ではありますが、Windowsダブレットで収集・作成したデータをそのまま現地に持ち出し、現地調査・立会などで確認・説明等にお使いいただけます。加えて、地図をいろいろな場面で活用できるようになっていますので、事前に現地状況を確認できるなど、詳細な状況の聞き取りにつなげていただくこともできます。土地家屋調査士の仕事の半分は外業となりますので、今後はさらに現場との連動性を高めていきたいと考えています。
    柏木:煩雑な事務作業の効率化は、仕事の質を高める余裕を生み、競争力の強化や差別化につながります。特に個人事務所の先生方には、人手をかけなくても大きな戦力としてお役に立てる商品と自負しておりますので、ぜひ、ご活用いただければと願っています。
体験版事前申込をする