CAD図面を背景に測設

アプリ上で図面の閲覧が可能で、背景に図面を表示しながら、現場での位置出しも可能。目標点までの距離感がつかみやすい表示で誘導し、ワンマンでスピーディーな測設を実現します。

手間なく観測&図面化

線形の横断方向へ誘導しながら横断観測が行えます。観測データは【EX-TREND 武蔵】へ連携することで、図面や帳票作成が可能です。図面照査に不可欠な現場の図面化、帳票化を、スピーディーに行えます。

丁張設置

3次元設計データを利用し、丁張設置が可能。管理断面だけでなく、必要な分を必要な箇所にワンマンで設置できます。丁張設置に必要な情報は常に画面に表示されるので、わかりやすく効率的な作業を実現します。

点検・検査

3次元設計データを用いて、施工プロセスの確認や最終形状の検査が可能。任意の位置で設計と現況の状況比較ができ、施工管理業務の効率化はもちろん、検査時の出来形確認にも活用できます。トータルステーションだけでなく、スマホ端末の位置情報を利用することで、日々変化する工事進捗状態の把握が可能です。