StdProCAD図面を背景に測設

アプリ上で図面の閲覧が可能で、背景に図面を表示しながら、現場での位置出しも可能。目標点までの距離感がつかみやすい表示で誘導し、ワンマンでスピーディーな測設を実現します。

StdPro手間なく観測&図面化

線形の横断方向へ誘導しながら横断観測が行えます。観測データは【EX-TREND 武蔵】へ連携することで、図面や帳票作成が可能です。図面照査に不可欠な現場の図面化、帳票化を、スピーディーに行えます。

StdPro丁張設置

3次元設計データを利用し、丁張設置が可能。管理断面だけでなく、必要な分を必要な箇所にワンマンで設置できます。丁張設置に必要な情報は常に画面に表示されるので、わかりやすく効率的な作業を実現します。

StdPro点検・検査

3次元設計データを用いて、施工プロセスの確認や最終形状の検査が可能。任意の位置で設計と現況の状況比較ができ、施工管理業務の効率化はもちろん、検査時の出来形確認にも活用できます。トータルステーションだけでなく、スマホ端末の位置情報を利用することで、日々変化する工事進捗状態の把握が可能です。

StdProGNSS対応

GNSSを活用すれば、広い現場でも目的の位置をダイレクトに観測できるので作業時間を大幅に短縮できます。また、視通が悪い山間部の現場や仮設後の現場でトータルステーションの様に障害物を避けるための盛替えは不要です。仮置き場の残土管理にも手軽に活用できます。

StdPro任意位置への測点追加

追加距離を計算できない場合においても図面の変化点や座標をタップして測点を追加できます。既設構造物の位置に“巾杭が設置できるか”、また“境界を侵していないか”など即座に確認が可能です。

ProTS出来形対応

国土交通省が中小の建設会社への普及促進を図る“簡易型ICT活用工事”に活用できるよう、「3次元計測技術を用いた出来形計測要(案)」に沿った出来形計測に対応することができます。

Pro構造物モデル計測

弊社のCIMコミュニケーションシステム「TREND-CORE」や、土木施工管理システム「EX-TREND武蔵」で作成した3Dの構造物モデルを取込み、構造物の位置確認や出来形計測などが可能です。
現場打ちコンクリート構造物の形状変化位置の確認や、出来形計測などに利用することで、BIM/CIM発注工事における現場計測作業を効率化します。

ProTINを活用した計測

線形あり

TIN(不整三角網)を利用した計測に対応し、3次元設計データの情報を幅広く活用することが可能です。
中心線形で設計面から横断形状を抽出し、「点検・検査」機能や「丁張」機能で利用が可能です。

線形なし

ミラー位置と設計面との標高差を表示して、「点検・検査」機能で、施工進捗を確認できます。土地造成工事などの線形を伴わない場合に、ミラー位置で設計面に投影した位置との差分を見ることができ、どこでも標高確認が可能となります。

Pro現場端末とのクラウド連携による遠隔立会い検査支援

現場計測アプリ【FIELD-TERRACE】とデータ共有クラウドサービス【CIMPHONY Plus】との双方向通信によるクラウド連携を実現。3D点群処理システム【TREND-POINT】で出力した出来形評価結果(ヒートマップ)を【CIMPHONY Plus】に展開し、現場と事務所など遠隔地からの検査指示および計測結果のリアルタイム連携を実現。立会い検査の効率化を支援します。

※遠隔立会い検査の利用には、【 FIELD-TERRACE】 ・【CIMPHONY Plus】 Professionalプランのご契約と、映像・音声配信システムが必要です。