3次元設計データ作成オプション

※「建設測量総合システム」に追加可能なオプションプログラムです

設計データ自動解析

「簡易型ICT活用工事」に即した3次元設計データ作成機能

「建設測量総合システム」に追加可能なプログラムです。3次元設計データ作成の前段階での、完成イメージの視覚的な表示や、横断等の形状編集をCADプロット上で直感的に操作できるよう対応するなど、簡易ICT活用工事に即した設計データ作成を強力に支援します。

設計図面と3Dモデルの重ね合わせチェック

平面図と3Dモデルを重ね合わせることで、断面を追加すべき箇所を確認し、断面を挿入することができます。また拡幅・片勾配を考慮した設計データが作成できるため、より精密な3Dモデルの作成が可能です。

管理断面間の接続線編集を3D モニタ上で直感的に操作できます。

CAD数値化機能

横断図面から計画の数値をデータ化。図面上の計画線の始点終点指定や任意点指定、自動追尾モードで読み取り可能です。

LandXMLデータから設計データ作成

設計段階で作成した3次元データをLandXMLで取り込むことにより、設計データ作成の手間が大幅に削減できます。

※中心線形を含むLandXMLデータが取込み対象となります。

ラスタベクタ変換

多彩な機能でラスタデータをCAD化

スキャナで読み取った紙図面(ラスタ)データをCADに配置し、ベクトルデータに変換。図面全体や選択された部分の一括変換や、等高線または閉合した建物などを個別に変換する機能も装備しています。

PDF取込アシスト

PDF図面のCAD化

PDFで作成された図面を利活用したり、数量を拾うためPDFの図面や表などをCADに取り込み可能です。