連携機能

TREND-POINT

【EX-TREND武蔵】連携

【TREND-POINT】の現地盤情報が【EX-TREND武蔵】に連携し、現地盤と計画の擦り付けが行えます。擦り付け後の設計情報は【TREND-POINT】に取り込むことができ、一連の作業が簡単に行なえます。

※【EX-TREND武蔵】は、別途購入が必要です。

【TREND-CORE】連携

【TREND-POINT】で作成した現況点群に対し、【TREND-CORE】で計画したモデルを配置し、既設の構造物等との干渉確認および計測が可能です。ドローンやレーザースキャナーで取得した現況点群に対し計画モデルを配置することで、発注者や協力会社との打ち合わせ時に完成イメージを共有できます。

※【TREND-CORE】は、別途購入が必要です。

点群ペーパーロケーションによる測量成果作成

TREND-ONE」「Mercury-ONE」と連携して、点群データを背景にした路線線形計画や概略設計が行えます。

CAD連携による各種図面作成

TREND-ONE」「Mercury-ONE」と連携して、地形図・立面図・断面図等の各種図面が作成できます。

等高線作成機能

地形図の等高線からmm単位の細かな道路の変状まで、等高線で表現が可能です。作成した等高線はDXF/DWG形式や【TREND-ONE】【Mercury-ONE】に連携させ、出力することができます。

※【TREND-ONE】【Mercury-ONE】は、別途購入が必要です。

ページトップ