大規模な現場も、工種別に整理整頓。
出来形成果の電子納品も効率的に。

出来形管理

誰でも簡単出来形管理

出来形値入力とともにリアルタイムにグラフ化し成果作成。評点アップに利用できる規格値(基準値)の50%、80%線を表記できます。また成果をそのままEXCELへダイレクトに出力できます。

建設CADと情報相互連携

出来形管理プログラムと建設CAD プログラム間において、⽂字列や実測値データの相互連携が可能です。

どこでも写真管理Plusとの情報相互連携

電子小黒板アプリ【どこでも写真管理Plus】の[出来形計測]機能で実測値を入力して【EX-TREND武蔵】出来形管理プログラムへ連携することで、出来形帳票作成までの作業が自動化され、効率的な業務を支援します。

総括表の作成

複数の工種分類をまたいだ総括表を作成しEXCEL出力が可能です。

出来形成果の考察帳票

発注者が一目で分かる測定結果の総括と評価を加えた帳票で、評価点アップが狙えます。考察は計測結果をもとに自動で切り替わります。

特殊な帳票にも対応

設計値、実測値に計算式を用いることで、杭偏心量、横断勾配、コア厚、面積などの帳票作成が可能です。

ばらつき管理

ページをまたいだ「ばらつき管理」に対応。値の収まりを一括表示します。

写真管理相互連動

写真管理と出来形管理のデータ連動で、出来形管理での訂正内容が写真管理にも反映されます。

TS出来形取込

「国土交通省 TS出来形管理」「 農林水産省 出来形管理用TS技術」に対応

基本設計データと、現場で観測した出来形計測の結果を、XML形式の施工管理データとして読み込むことにより、帳票・豆図を自動生成。作成した出来形管理帳票の電子データでの出力が可能です。

読込みデータの確認

読み込んだXMLデータを基準高マークや寸法線入りの横断図として確認が可能。複数のXMLデータから選択して読み込みが可能で、読み込み後の測点名編集も自由に行えます。