CIM コミュニケーションシステムTREND-CORE(トレンドコア)

2020年12月15日 Ver.7リリース

新機能はこちら

工事成績アップを支援するNETIS登録技術(新技術)
当社製品のNETIS登録技術はこちら
TREND-COREは「NETIS」を取得しています。

3DA(アノテーション)

3次元モデルに設計寸法情報を重ね合わせた3DA(アノテーション)モデルを手軽に作成。任意の位置でモデルの断面、平面を切り出して寸法線・引出し線を引くことができ、既存の図面と3Dモデルの照査に活用できます。
作成した3Dモデルは、データ共有クラウドサービス CIMPHONY Plus にアップロードし、ブラウザから閲覧、ダウンロードすることができます。

法枠計画支援

ドローンやレーザースキャナーで取得した点群の現況地形に沿って、設計条件から法枠の配置計画と3Dモデルを自動生成。扇形形状など複雑な地形も考慮した法枠の施工計画を立てることができ、大幅な効率化が見込めます。従来では難しかった着工前の発注者や施工担当者との完成イメージの共有が可能となります。また生成された3Dモデルから、面積や延長、コンクリート体積等の数量算出が行えます。

TREND-CORE VR

圧倒的な没入感!3次元化による“バーチャルリアリティ”を実現

「TREND-CORE VR」では、「TREND-CORE」で作成した3次元モデルデータを利用し、ヘッドマウントディスプレイを装着することにより、圧倒的な没入感でまるで工事現場に立っているかのようなバーチャルリアリティ体験を実現します。

遠隔臨場支援 「VRによる遠隔協議・検討」

インターネット網を利用した遠隔地同時仮想体験(コラボレーション)
データ共有クラウドサービス【CIMPHONY Plus】連携により、VRデータをクラウドへアップロードすることができます。代表者がCIMPHONY Plusからルームを作成し、それぞれがVRルームにログインすることで、複数人による現場状況や計画など遠隔協議・検討が行え、関係者間の合意形成が効率的に行えます。

  • ※VRインターネットコラボレーションの利用には、【CIMPHONY Plus Professional】のご契約が必要です。
  • ※VRインターネットコラボレーションは、プロキシサーバーには未対応です。

TREND-CORE CIMビューア Free版

作成した3Dモデルと属性情報がフリービューアで閲覧可能

TREND-COREで作成した3Dモデルと関連情報が専用ビューアで閲覧できます。発注者や工事関係者など、誰でも無料で閲覧できるため、より多くの場面でご利用いただけます。

Interview導入事例紹介